Bericht

2022/01/14 | ニュース

若さvs経験

Bremenでのアウェー戦に向けて知っておくべき数字をチェック

今週土曜日、今年最初のリーグ戦として、フォルトゥナはアウェーのWeserstadionにてWerder Bremenと激突する (13:30キックオフ)。ここでは、そんな2022年初戦となるBremenとの一戦に向けて、知っておくべき数字をチェックしていく。

シュート77本...

... Marvin Duckschは今シーズン、2部リーグですでに77本のシュートを放っている。また、この数字は2部リーグのどの選手よりも多いシュート数となっており、Karlsruhe SCのPhilipp Hofmannよりも13本も多いシュート数を記録している。そんなHofmannはここまで64本のシュートを放っており、シュート数のランキングで2位。なお、このランキングにはフォルトゥナのKhaled NareyRouwen Henningsもランクインしており、この2人はすでに40本のシュートを記録している。

 

プロとして70,8試合出場...

...これはフォルトゥナの選手1人あたりがプロとして出場した平均試合数となっている。これにより、デュッセルドルフはブンデスリーガ2部で2番目に経験豊富なチームとなっており、フォルトゥナの選手たちは合計ですでに2124試合に出場している。この統計ではFC Erzgebirge Aueだけがフォルトゥナより多くの試合を経験しており、彼らは選手1人あたりの平均試合出場回数が71,38回、合計の出場試合数は2427試合となっている。一方、今週末の対戦相手であるBremenの選手たちがプロとして出場した平均試合数は30,26試合となっており、リーグで最も経験の浅いチームとなっている。

 

24,8歳...

…Ole Werner監督率いるチームの平均年齢は24,8歳で、この平均年齢はリーグの中でも2番目に低い数字となっている。ちなみに、Bremenより平均年齢が低いのは、ライバルでもあるHamburger SVのみ。また、Bremenはチームがリーグで2番目に若いチームであることに加え、指揮官も非常に若いのが特徴とも言えるだろう。33歳のOle Werner監督は、ブンデスリーガ2部の中で最も若い監督となっている。

2022 © Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V. Tuesday, 18. January 2022 um 18:04 | Imprint | Data Protection