Bericht

2022/01/12 | ニュース

「フォルトゥナにとって良い決断」

フォルトゥナの新しい首脳陣と監査役会で行われた記者会見での重要なコメント

水曜日の午後、フォルトゥナが新しい役員構成の紹介を行った。記者会見では、来月から会長となるAlexander Jobst氏、最高財務責任者となるArnd Hovemann氏、スポーツ役員とコミュニケーション担当となるKlaus Allofs氏、そして監査役会のBjörn Borgerding会長とSebastian Fuchs副会長が、火曜日に決定したことについて、また伝統クラブの将来について語っている。記者会見での重要なコメントは以下の通り。

Björn Borgerding監査役会会長が…

 

…Alexander Jobst氏との話し合いについて:

「監査役会に感謝の意を表します。決して簡単ではない時期において、集中的かつ建設的で、信頼できる話し合いを行ってきました。我々は多くの人物と意見交換を行ってきましたが、その名前が外部に漏れることがなくてよかったです。そして今、我々はAlexander Jobstというフォルトゥナにとって良い決断ができました」

 

…解任となる首脳陣メンバーについて:

「私はThomas Röttgermann、Uwe Klein、そして特にChristian Kokeに感謝しています。Christianはクラブのために構成の部分で必要な決断を下し、独自マーケティングの道に進んだことはフォルトゥナにとって重要な一歩となりました。また、ThomasとUweもクラブ内の構成において重要なステップを確実に踏み出すための役割を担ってくれました。Thomasは残された時間、特に新施設の建設に関連するすべての業務などをプロフェッショナルに遂行し、フォルトゥナために尽力してくれます。今、役員構成や人事のテーマに取り組めたので、これからは何よりもスポーツ面に集中することができます」

 

Sebastian Fuchs監査役会副会長が…

 

…新しい最高財務責任者について:

「私は財務委員会の委員長として、新しい最高財務責任者を任命することは非常に重要なことでした。コロナ禍がサッカークラブにとってどんな影響を与えるのかは誰もが知っています。そして今回、この重要な分野を本来あるべき場所、つまり役員の立場として再び確立したことは、非常に価値のあることです」

 

来月からフォルトゥナの会長となるAlexander Jobst氏が…

 

…新しい仕事への期待感について:

「私は尊敬と期待感を持ってフォルトゥナへ来ました。伝統あるクラブに関わり、その形成に貢献できることは魅力的ですし、私は家族とこの街に10年間住んでいます。監査役会、特にBjörn BorgerdingとSebastian Fuchsとの最初の話し合いでは、私の中で何かが目覚めるような感覚がありました」

 

…これからの役割について:

「私のフィールドはマーケティングとデジタル化になります。Schalke 04ではこれらの分野ですでに10年間集中的に勤めたこともあり、その後は少し休みが必要でしたが、今私はしっかりと充電された状態でこの新しい役割を楽しみにしていますし、すべてのクラブスタッフ、委員会、そしてもちろん首脳陣チームであるKlaus AllofsやArnd Hovemannと共に働けることを嬉しく思います」

 

…フォルトゥナの現状について:

「まず、スポーツ面での成功に全力を注ぐことが必要です。シーズン後半は完全にそこにフォーカスしなければなりません。それ以外では、フォルトゥナがこれまでコロナパンデミックという困難な時期を乗り越えてきたことに、大きな敬意を表します。Thomas Röttgermannとチームが実現したことは、決して当たり前のことではありません」

 

…会長に就任する2月14日までの期間について:

「スタートをとても楽しみにしていますし、それまでの時間を有効に使って最高の準備をしたいと思っています。Thomas Röttgermannとは数年来の知り合いですが、引き継ぎ期間があることは間違いなくクラブのためになると思います。それでも、私がフォルトゥナに身を置くのは2月14日からです」

 

…プロからの分社化の可能性について:

「我々の話し合いの中で、分社化は一度もテーマに上がっていません。フォルトゥナの将来に分社化があるとは決して思いませんし、個人的にも分社化には否定的です。クラブの希望と可能性が一致しない場合はディスカッションすることもできますが、フォルトゥナはさらに発展し、成功するチャンスがあるクラブだと思っています」

 

Klaus Allofsスポーツ役員が…

 

…新しい役員構成について:

「明確な体制が整ったことは喜ばしいことです。役員の構成は数ヶ月前から我々のテーマでした。今回、新体制が整ったことで、フォルトゥナとして成功する確率が高くなります。私は違った構成の可能性についても決して秘密にすることはありませんでした。しかし、私は無条件で新しい役割に取り組む準備ができており、Alexander Jobstとも非常に良い話し合いができています。我々はスポーツ面の状況を改善しなければなりませんし、私に多くの責任がかかることも自覚しています。それでも、私はこれらの課題に取り組む準備ができています」

 

…Uwe Kleinとの協働について:

「Uweにはとても感謝しています。我々2人が役員という構成はかなり大胆なものでした。うまくいくことを期待しましたが、限界があったのも事実です。それでも我々はこの状況で全力を尽くしました。しかし、最終的にはフォルトゥナの将来をどのように作っていくかということが重要です。だからこそ、監査役会は今回の決断に至ったのです」

 

…新しいスポーツダイレクターの可能性について:

「私はスポーツ役員とスポーツダイレクターという構成にするのが良いと考えており、将来的にはこのポジションを設けるべきだ思っています」

 

これから最高財務責任者となるArnd Hovemann役員が…

 

…役員に任命されたことについて:

「私自身はほとんど変わりませんが、新しい役割を担うことをとても楽しみにしています。これまでも私は役員から比較的自由に仕事を任され、信頼関係の上で協働ができていました。私を信頼してくれたBjörn Borgerding、Sebastian Fuchs、そして監査役会に心から感謝しています。また、この任命は私のチームの仕事への評価でもあり、私はこれを将来のための義務でもあると思っています」

2022 © Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V. Tuesday, 18. January 2022 um 17:10 | Imprint | Data Protection