Bericht

2022/01/12 | ニュース

ありがとう、UWE KLEIN!

フォルトゥナでの17年半で4度の昇進を経験

フォルトゥナは火曜日、これまでにコーチ、チーム構成の担当、スポーツ役員として長年クラブに勤めてきたUwe Kleinスポーツ役員と別々の道を歩むこととなった。

Slavko Petrovic、Uwe Weidemann、Massimo Morales、Norbert Meier、Mike Büskens、Lorenz-Günther Köstner、また暫定監督としてWolf Werner、Oliver Reckなど、Uwe Kleinは8人もの監督の下で12年間に渡りフォルトゥナのコーチとして常に忠誠心を持ち、クラブのために尽力してきた。2008年から2013年まではMeier監督の隣で200試合以上を共にし、フォルトゥナで3度の昇格を経験。Klein氏は2014年から2015年にかけてHansa Rostockのスポーツダイレクターを務めた後、2016年にデュッセルドルフに戻り、最初はスカウト部署のチーフとチーム構成を担当し、2020年からスポーツ役員となっていた。

 

そして1月12日、これまでKlein氏がフォルトゥナで働いてきた約17年半の時間が終わりを迎えることとなる。フォルトゥナは、決して楽な時期ばかりではなかったFlingernの伝統クラブのために尽力し、大きく貢献してくれたUwe Klein氏に感謝を意を表している。

 

ここに掲載する写真の数々は、彼のフォルトゥナでの活躍ぶりを示している。

2022 © Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V. Saturday, 28. May 2022 um 04:15 | Imprint | Data Protection