Bericht

2021/11/23 | ニュース

HEIDENHEIMとのホームゲームは2Gルールで開催

アップデート:15歳以下の子どもは2Gルールの対象外に

ドイツ連邦議会とノルドライン・ヴェストファーレン州政府からの”2G”に関する発表を受け、フォルトゥナのホームで行われる1.FC Heidenheim戦 (2021年11月26日、18:30キックオフ) も”2Gルール”を適用して開催されることとなった。今週、ノルドライン・ヴェストファーレン州からの発表があり、15歳以下の子どもは”2Gルール”の対象外となることが決定している。

すでに当日券を購入された方で、ノルドライン・ヴェストファーレン州が2Gルールを導入したことにより試合を観戦できなくなった方には、原則として当日券の払い戻しを受ける法的権利がない。チケットは家族や友人、知人、他のファンの方に、転売することができるが、フォルトゥナはそれでも未使用となったチケットに関して特別に払い戻しを提供する。この場合、11月26日以降にrueckerstattung@f95.de へ連絡することが求められている。

 

11月23日の時点でのアップデート:ノルドライン・ヴェストファーレン州の新しいコロナ対策条例が正式に発表されたことにより、以下のことが決定している:

  • 現在、ノルドライン・ヴェストファーレン州では、ワクチン接種者またはコロナからの快復者のみが、文化、スポーツ、レジャー分野のイベントへの参加を許可されている (2Gルール)。この規制は少なくとも2021年12月21日まで有効となる。
  • 学生に関しては、義務教育の学校でテストが行われているという理由で引き続きテスト済みとみなされ、また就学年齢未満の子どもも同様にテスト済みとみなされる。そして、15歳以下の子どもに関しては、”2Gルール”および”2G-plusルール”の対象外となる。
2021 © Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V. Saturday, 4. December 2021 um 08:56 | Imprint | Data Protection