Bericht

2023/09/18 | ニュース

KAI HENSEとJOE HELLMANNがフォルトゥナのEスポーツ選手に

HanseとHellmannがクラブを代表してバーチャル・ブンデスリーガに参戦

数週間前、フォルトゥナは2023/24シーズンに初めてバーチャル・ブンデスリーガ (VBL)に参戦することを発表していた。そして今回、”Hensoo”ことKai Henseと”JH7”ことJoe Hellmannが、フォルトゥナの代表としてバーチャル・ブンデスリーガを戦うことが決定した。

Hanseは2008年から2012年までフォルトゥナのユースチームでプレーしていた経験を持ち、今はフォルトゥナのサポーターとしてFlingernの伝統クラブを応援している。そんな彼が、これからはバーチャルの世界でフォルトゥナを代表して戦うことに。25歳のHanseはeスポーツ界では有名で、2017年に1. FC Nürnbergのeスポーツチームに加入。その後、B360 eSportsとNEOのチームに加わり、国際的にも成功を収めている。B360 eSportsでは、2021年に第1回DFB-ePokalsで優勝 (チーム名:Celtic Worms)。2022/23シーズンは1年間、Eintracht Braunschweigに移籍していた”Hensoo”は、eスポーツの元ドイツ代表選手でもある。

 

Hellmannは2019年にLeno eSportsにて、わずか16歳で初めてプロとしてeスポーツを経験。チームの名付け親はドイツ代表GKで現在アーセナルに所属しているBernd Lenoだ。2020年、”JH7”はFC Schalke 04へ移籍し、VBLでデビュー。ここ最近ではeスポーツ界で有名なチームである IQONICに所属していた。Hellmannはこのチームと共に、2023年にDFB ePokalの準決勝に進出。その前年には、FIFA-22-Global-Series-Playoffs  (ワールドカップ予選)にも出場していた。また、FC Schalke 04に所属していた時には、チームメイトのJulius KühleとともにFIFAe Club World Cupで準決勝に進出していた。

 

Kai Hense:

「大好きなクラブであるフォルトゥナを代表して、バーチャル・ブンデスリーガに参加できることを非常に嬉しく思います。クラブの応援だけでなく、自分の経験を活かして、ゲームやeスポーツの分野でクラブに貢献したいと思っています。これからがとても楽しみです!」

 

Joe Hellmann:

「私はデュッセルドルフの近くで生まれ育ったので、もちろんフォルトゥナにはいつも注目していました。私の大きな望みはVBLに復帰することでしたが、その機会をここで得ることができました。シーズンが楽しみです。私は”Hensoo”と共にフォルトゥナを代表する選手になれると確信しています」

 

フォルトゥナの新しいVBLチームの3人目は、9月末から10月初めにかけて行われるスカウト・トーナメントを通してクラブが決定することとなる。その日程や申し込み方法に関する情報は、近日中に公開される。

2024 © Düsseldorfer Turn- und Sportverein Fortuna 1895 e.V. Wednesday, 19. June 2024 um 19:59 | Imprint | Data Protection | Cookie-Settings