© 2015 | Düsseldorfer Turn- und Sportverein 1895 e.V.  
2022/01/14 | ニュース

「ポジティブな気持ちでBremenへ向かう」

3つの質問:KLAUS ALLOFS役員が土曜日に行われる古巣Bremenでの試合についてコメント

フォルトゥナ対SV Werder Bremenの一戦は、Klaus Allofsスポーツ役員にとって特別な試合であることは間違いない。Allofs役員は選手として1990年から1993年までBremenで活躍し、その後はスポーツダイレクターや会長として13年間に渡り責任のある立場を担っていた。そんな65歳のAllofs役員が短いインタビューに応じ、Bremenとの古巣対決、フォルトゥナがWerderから学ぶべき点、そして土曜日の試合に期待することについて語っている。

土曜日、フォルトゥナはアウェーにてSV Werder Bremenと対戦します。多くの人が知るように、あなたは長年に渡りWerderに在籍し、選手として、またスポーツダイレクターや会長として大成功を収めました。どんな思いでBremenへ向かいますか?

「Bremenには信頼関係を持って共に働き、スポーツの面で成功を収めた多くの人たちと再会できるので、ポジティブな気持ちBremenへ向かいます。Bremenは私と私の家族にとって常に居心地が良い場所です」

 

Werderでの時間を振り返ってみて、一番印象に残っていることは何ですか?

「それは難しい質問ですね。というのも在籍していた時間が長かったですからね。全体としては、Werderがその間に歩んだ発展が大きいかもしれません。問題を抱えていたクラブがドイツ杯を制覇し、リーグ優勝、そしてチャンピオンズリーグにも出場しました。また、インフラの面においても、この数年でWerderは良い意味で大きく変わりました。これは、我々フォルトゥナにも期待することです。Bremenに移籍した当初、チャンピオンズリーグなどは視野に入れず、ブンデスリーガで安定した成績を残すことが目標でした。今、我々は1つ下のカテゴリーで同じ状況に置かれています。スポーツ面での発展が何よりも重要で、それがその背景にあるすべての計画を行うための基盤となります」

 

過去のことはさておき、土曜日には我々にとって非常に重要な戦いが待ち受けています。Bremenから勝ち点を獲得するために重要なことはなんですか?

「アウェーでのDarmstadt戦やホームでのSt. Pauli戦のようなプレーをすることです。この両試合は我々のチームの実力を示した試合でした。もちろん、Werderとの一戦は簡単な試合にはなりませんが、Bremenで勝ち点を獲得することはチームにとって不可能なことではありません。しかし、ポジティブでいながらも、反対に悪い方向へ進むことがあることも想定しておかなければなりません。最終的にはシーズン後半戦で安定したパフォーマンスを発揮し、コンスタントに高いレベルを保つことが必要となります。そうすることで良いプレーができるようになり、勝ち点も獲得できるでしょう」